源次郎の刻印

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

共感

 あたしの夢を叶えるのは
 あたしじゃないんだな

 by ちずる
スポンサーサイト

| 日常 | 10:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国母へ

 恥ずかしいよ。。。君
 自分がどう見られたのか、映像を見返してみるといい。
 記者の言葉がどうとか、そのあとの報道がどうとかじゃなくて
 あの会見の瞬間だけを見てみるといい。
 赤面しないかい?
 恐ろしく恥ずかしくならないかい?
 公の場とは恐ろしいものなのだよ。
 実力があれば良いってわけじゃない。

 君のは反骨でもなければハングリーなわけでもない。
 自惚れて粋がっているようにしか見えない。
 21にもなって舌打ちの意味さえ判らないとは、お恥ずかしい話しである。
 舌打ちする奴ってね、自分に非があるとわかっていながらそれを認める器の大きさのない奴がする事さ。
 舌打ちする事で自分を納得させる。
 俺は一応反発してみたぜ。だけどここは相手に従っておいた方がいいからそうしとこう。
 舌打ちした上で、それでも相手に反発する奴って見た事あるかい?
 俺はない。
 舌打ちした後って、舌打ちした奴の方が折れるよね?
 舌打ちってね、もっそい小さな奴がする事なのさ。

 どう?
 恥ずかしくなってきたかな?

 服装や髪型やピアスや、そんな事は俺にはどうでも良い事さ。
 そこんとこは個人の嗜好だからね。
 日本選手団公式服装着用規定「(着用の規定)
 第2条 日本選手団に認定された者(以下「選手団という」。)は、自覚と誇りを持って公式服装を着用しなければならない」
 とかって言う曖昧な規定も良くないよね。君にとってはあれが自覚と誇りを持った着用だったのだろうからさ。(褒めちゃいないよ?)
 ただね、舌打ちは良くない。

 とりあえず、あの会見が恥ずかしく思えるまで見返すといいと思う。



 ついでに成田君へ

 ブログで意見を述べるのは良いと思う。
 あの会見に対して怒りを覚えるのは、同じスノーボーダーとして当然の事だと思う。
 だけれど、あんなに顔文字使っちゃうと、君の気持の中にある物が物凄くチャチな物に見える。
 プライベートな意見だと言われるのならそうだろう。
 だけれど、同じスノーボーダーとしての感想意見ならば、もっとオフィシャルな文章でも良かったかなと思う。
 
 おれも人の事を言えないかも知れないけど、
 あの記者会見の態度だけは同じスノーボーダーとして許せないよ(●`ε´●)


 ブログ内記事の全てを読まずに言うのもあれなんだろうけど
 成田君と国母くんとの色んな事を詳しく知らないまま言うのもあれなんだろうけど
 率直に
 言えなくもないような気がした。
 あんまり怒ってないよね?
 そんな印象を受けたのは事実である。

| 日常 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今更総括

 年も明けてもう2月。
 すっかり明けました おめでとうございます。

 あ。。。
 サイクルタイムとかタクトタイムとか在庫管理とか納期とか、そんなキーワードでここに来ちゃったリアル製造関係者のみなさん、ごめんなさい。
 リアル製造とは全く関係ないです。。。

 ここ最近の中の人は、リアル製造の生産管理用データの作成や一気に入社して来た新人派遣さんの教育等々で忙しい毎日を送っておりました。年末年始もデータの作成で殆ど源次郎としての活動ができておりません。

 去年もやったので今年も節目として2009総括をやっておきたいと思ったのですが、Action2009で掲げた「源次郎品質の確立」は全くと言って良い程進んでおりません。
 これにはリアル事情が大きく関係しておりまして。。。
 リアル製造がつまらんくなった!
 まぁ、その深い理由には後々触れるとして。。。

 そんなこんなで、Action2010も引き続き「源次郎品質の確立」を目指そうと思っています。
 
 私の目指す坂之上刀剣店の「あるべき姿」は「神の手による製造」です。変なツールを使うとかそういうのではなく、「売れるスピードでアウトプットする」と言う事です。実際の製造の現場で言うと、納期までに確実に造り出すとか1日の生産目標であるとか、サイクルタイムとかタクトタイムとか言われる奴です。
 坂之上刀剣店の場合は「ライン製造」とは違うので、タクトだとかサイクルと言うよりもリードタイムに近いと考えています。売れたと言う事が判ってから製造し出荷するまでのリードタイムをいかに短縮するか、また受注があってから納品するまでのリードタイムをいかに短縮するか。それらを実現し且つ不良在庫とならない製品在庫及び材料在庫のバッファをどれくらいに設定するのか。。。

 ちょっと書いてて思った。。。ずっと同じ事を悩んでるんだな。。。俺

 製造って在庫との戦いなんだな。。。

 坂之上刀剣店の今年の目標は、管理ツールの作成。
 前に一度アクセスでチャレンジしたが、「リアル製造の現場でアクセスはいらない」と言う理由でモチベーションが下がった。製造管理部門ではアクセスぐらい使うのだろうけど、現場レベルではいらない。アクセスでリアル製造用ツールを作ったところで仕様変更や機能の追加を誰でもできるかと言うとそうはいかない。現場レベルで使用するツールとしては敷居が高いのだ。
 前回のブログにも書いたが、今回はエクセルである。実際に出来上がった管理ツールの現場への導入は実現しなかったが、アクセスを極めるよりもエクセルを極める方がリアルにも有効であると言う事をモチベーションに、真剣にやってみようと思う。
 ボチボチだけどねー

 制作の過程はブログに綴ってみようかどうしようか。。。

| 製造業 | 12:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。