源次郎の刻印

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キリッ!

 新たな課題を頂いた。
 日本語データベース「桐」を習得せよとの事である。

 ExcelやったりAccessかじったりしてきたけれど、ここで新たな敵の登場。
 現状、常駐管理室には4台のPCがあるのだが、ここに大量のデータが散在しており、必要なデータがどこにあるか判らないって事もしばしば。
 勤怠管理は専用のタイムカード用ソフトから手動でExcelに移し替え。生産管理はExcelのみ。スタッフ名簿は桐、提出物管理は桐。。。管理する内容によって使用するソフトも違ったりする。
 当然、フォーマットもばらばら。

 これらのデータの全てを「桐」に統合しようというわけだ。

 今日、桐Ver.9を導入した。
 見た感じはAccessに似ている。コマンドが日本語なのでやりやすいか?

 Excelでの製造管理データの作成は先延ばしになった感もある。

 あぁ。。。。そうそう
 今年 中の人にGWは支給されませんでした。

 今日も昼から出勤です!
スポンサーサイト

| 日常 | 08:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アスムあればいけた



 最近のハイプリの狩り場はニブル
 PD4もいけるのだけれど、私も相方も人混みが苦手。
 現在81/50 やっとSWが4 つかえねぇ。。。。

 殴りは50転職を目指したものの48で面倒になって転職。
 現在73/42 やっとTU10 将来的にはSW10も取って余裕のアヌ狩りを目指す。
 ステは神速もどき。A99 D90 S40 あとInt
 現状、FleeはあるけどAtkが低いので、アスムで調印ゴリ押し。

WS000003.jpg


 CPUのファンを交換しようと思って「おりゃ!」ってファンを引っこ抜いたら、「ばきっ!」って音がしてその後起動しなくなったとさ。
 根性無しのマザーボードなんて嫌だよね。

 しょうがないのでニューマシン購入。
 いつもお世話になってるパソコン工房でお兄さんとっ捕まえてあれこれ聞いた。
 結構親切なお兄さんで小一時間ほど付き合ってくれた。
 ディスプレイ 17インチぐらいので良かったのだけれど、「このスペックで17インチとか勿体無いですよ」って言われて21.5を購入。
 画面でけーよ! お店にあった時にはそんなに感じなかったけど、デスクの上においたらすっげぇでけぇ。画面の左右見るのが大変。
 アスリートがよくやる数字がランダムに光って消していくやつ。。。あんぐらいの視野が必要な感じ。

 Windows7が熱いと聞いてWindows7搭載のを買ってみた。
 軽いと言う噂だったけど、そんなに軽さは感じない。XPの方が安定感がある感じ。
 ただ、裏作業とかはXPの時よりスムーズ。でも、CPUの性能が良いだけかも知れない。

 まぁ あれだね
 教訓  CPUファン取り外しはマザーボードにアスムしてから

 

| RO | 00:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて困った。。。

 これまでの仕事を辞めた。
 理由は色々あるけれど、俺が良いって言った奴だけここで働かせてやる的な上のやり方が気に入らなかった。
 それが派遣の使われ方なのはわかっている。けれど、そっち側に極端に偏る事を良いとは思っていない。
 あんたらに働かせてもらってるわけじゃない。
 俺たちが働いてやってるんだ。
 使えない奴は辞めさせる。それはそれで良い。
 だけれど、使える奴も辞めて行く。
 今は不景気で買い手市場だから使える奴も残ってるし、時給以上の能力を持ってる奴も残ってくれるだろう。
 しかし、この不景気がいつまでも続くわけじゃない。
 景気が良くなって雇用が拡大した時、彼らは残ってくれるだろうか?

 辞めた事自体は困っちゃいない。
 次の仕事もある。

 問題は次の仕事の内容だ。
 ある現場の請負を推進して欲しいと言う派遣元の依頼である。

 よくよく考えると、私は野党のようなものである。
 実権を握っていない立場で、つまり責任がない立場で責任のある人達のやり方や考え方に異を唱えてきた。
 ある意味、無責任に派遣の味方ができていたのだ。

 どこまで感情を殺せるだろうか。
 どこまで個に対する思いを断ち切れるだろうか。
 それとも、そんな事などせずに達成する方法がるのだろうか。
 自分にのしかかる責任の重さ以上に、この仕事を引き受ける事で、今まで自分が嫌って来た人達と同じ事をしなければならないのかもしれない事に恐怖を感じる。

| 日常 | 20:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。