源次郎の刻印

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミイラとりがミイラになる

 私が他人の為に謝罪する場合、迷惑をかけられた相手の気持ちを鎮め、迷惑をかけた側を何とか助けようと考える。仕事上必要であれば、助けようと思うわない相手の為にでも謝罪しに行くが、そんな時でもその相手の事を卑下するような事は絶対に言わない。
 あいつダメな奴なんですよ。私もいつも困ってましてね。
 などと言ってしまっては逆効果なのだ。
 「逆効果」と言う表現は打算的で良くないのだけれどね。

 謝罪とは責任を伴う。
 その事柄や当事者に対し責任を持つ者が謝罪する。
 その事柄や当事者に対し責任を持てる者が謝罪する。
 その事柄や当事者に対して責任を持って対応できる者が謝罪する。

 責任と覚悟のない謝罪は伝わらない。
 
 失礼な事を言った彼が許せなかった
 だから謝罪したかった。

 彼の事が許せないのなら、許さなければ良いだけの事
 彼の事を糾弾すれば良いだけの事
 わざわざ謝罪に来て逆に怒らせる事もなかったろうにと思う。

 彼に対して責任を持てないのなら、謝罪などと言わない方が良いと思う。
 彼に対して責任を持てるのなら、あんな卑下したような言い方はしない方が良いと思う。 
スポンサーサイト

| RO | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不快な謝罪

 身内の者がご迷惑をおかけしました

 と、遠方よりはるばる謝罪に来て頂いた。

 だけれど、私にはその謝罪は全く届いていない。
 むしろ不快感を覚えた。

 私が誰かの為に謝罪する時は、その誰かを助けたいとかかばいたいとか思うからである。そう思えない相手の為に、わざわざその人の代わりに謝罪する必要はない。
 
 その人は「謝罪したい」と伝えてきた。
 確かに謝罪もあった。ご迷惑おかけしましたと、申し訳ないと言っていた。
 だがその一方で、「何度言ってもわからない奴なんでw」だの「カスですから」だの、愛情を感じられない言葉も連ねられた。

 あなたは何をしに来たのだろう?
 本当に謝罪したかったのだろうか?
 謝罪だと言いながら単に煽りに来ただけではないのだろうか?
 あなたは彼の身内だと言ったけれど、私にはそう思えなかった。単に身内のふりをして煽りに来た彼と敵対する人としか思えなかった。

 相手の怒りを鎮めようとする事と謝罪する事を同じに考えてはいけない。
 怒っている相手に同調するだけならば、それは謝罪とは言わない。
 失礼を承知で言わせてもらえば、それは媚び諂う事でしかない。

 身内の為に謝罪に来たのに、その身内をカスだと言うあなたは、何の為に謝罪に来たのだろう?
 彼とあなたの間には色々あって、だからカスだと言うのかも知れないが、私にその事情は関係ない。
 カスだと思う相手の為に遠路はるばるやってきて謝罪する必要があろうか?

 私にはどうしても、あなたが単に煽りに来ただけにしか見えないのだ。

 率直な感想は
 あなたが私の身内でなくてよかった。
 そして
 楽しい会話を途中で中断してまで話す相手でもなかった。
 と言う事である。

| RO | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピラ4でラグナを知った

WS000157.jpg


 すっかり涼しくなってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
 この季節になると、作務衣でお買いものできないのでちょいとつまらない源次郎です。

 
 もうずっとずっと前の事。
 とあるコミュニティーサイトに「ただいまピラ4中!」って書き込みがしてあって、ピラ4ってなんぞや?と思ったのがラグナとの出会いである。
 で、検索して、あぁ ゲームなのねって思って、無料だしやってみっか。。。と思って DLしてインストして起動して。。。
 初心者修練場がこの世界の全てだと思いこみ。。。

WS000219.jpg


 そんなこんなで
 私が初めて知ったラグナ用語は「ピラ4」だったわけです。
 あの頃はまだ、外人さんがいっぱいいたなぁ。。。

 あいがセージを作りました。
 型は・・・

WS000211.jpg


 だ そうです!

| RO | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リアルなら超ウザイよね 俺ってさ。。。でも 俺は俺だしねー それ以外の何者でもない

 例えばだ
 恐ろしく例えばだ
 実際にはありえないので「恐ろしく」なのだ

 私があいと別れる事があったとして、再婚する事になって
 その再婚相手と私の子供たちが相性悪くて
 どちらかが出て行かなければならなくなった場合、
 私は迷わず私の子供たちとの時間を大事にする。

 私の再婚相手と子供たちの相性が悪いのは、極端な言い方をすれば私の責任ではない。
 しかし、「そんなこんなで、私の子供たちが出ていかなければならなくなってね。。。」と、どれだけ寂しそうな表情を浮かべたとしても、そんな事を言ってしまう大人を許す事はできない。子供たちが出て行ったのではない。親が追い出したに過ぎん。

 私は甘い方なのかもしれない。
 妻にせよ子どもたちにせよ、もしも私の身内に喧嘩売るような奴がいれば全力で潰す。例えそれが私の独りよがりや勘違いだったとしてである。
 それは、妻や子供たちが私を大事に持ってくれくからではない。私がみんなを大事に思うからである。
 私の一方的な思いからそうするのであるから、みんなに迷惑をかける事もあるだろう。迷惑をかけた事もあるだろう。時には嫌われた事もあるだろうし、今でも嫌われている場合もあるだろう。

 だがしかし、うちの子になった以上、私のそのわがままには付き合ってもらおう。
 私がわがままなのは知った上で私の子になったっはずである。
 それを判ってくれるであろうと思えなければ、うちの子になって欲しいとお願いなどしなかったであろう。

 たかがこんな世界なのかもしれない。
 リアルな世界では意味のない繋がりなのだと思う事もある。

 それでも、みんなに出会えたこの世界に感謝する。
 

| 日常 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況

 ここ最近のリアル報告

 ちょっと前の話になるけれど、桐を諦めた。
 Accessと良くにてるけどちょこちょこと違うとこがあって、桐の方が簡単なイメージがあるのだけれど、既にAccess脳になってしまっている私にはちょっとむずい。
 歳をとって柔軟性がなくなったって事かなぁ。
 長年、手作業しているとどんなに便利な機械でも使えるようになるまでが面倒で、結局使わずじまいってかんじでしょうか。
 Accessが手作業で桐が自動だと言う事ではなくて、あくまで「柔軟性」が乏しくなるって言う表現として捉えていただきたい。

 私が担当している部署は二つ。
 現状出来上がりつつあるのは、この二部署の生産実績管理。
 いつ どこで だれが なにを どれだけ造った(作業した)か のデータの蓄積がメインで、これによって、日々の売り上げを算出。勤怠データから人件費を算出して日々の利益をはじき出す。
 今手がけているのが、従業員名簿と管理書類のデータベース。
 100名前後の従業員の個人情報を入力し、部署や工程の移動や応援履歴等を含めたものを作成中。
 書類のデータベースは、作業のやり方がかかれた「作業標準書」や作業条件や基準のかかれた「作業条件書」等の改訂履歴を格納しておく事で、常に最新版の書類を揃える事ができ、改訂前の書類も煩雑になる事なく管理できる。また、書類に「キーワード」を設定する事で、いわゆるYahoo!的な使い方ができるのだ。
 何かを調べたい時に、あれだったかなこれだったかな。。。と棚にある書類をあっちこっちしたりせず、データベースのキーワード検索で絞り込むわけだ。
 このような使い方は、データベースと言うものに携わった人には常識なのだろうけれど、私にはすごく新鮮に感じる。
 私にとってのデータベースのイメージは、参考書の目次や索引のような感じである。本屋で本を買う時に、自分が目的とする内容があるかどうか目次や索引で確認する。それと思しきタイトルがあったので買って帰ってみるが、実際に内容をみるとちょいとずれてる。。。なんて感じである。
 だが、データベースと言うデジタルな世界はそうではない。その参考書の内容自体が増量されるのだ。「その1」を買うと自動的に「その1.5」になり「その2」になり。。。とボリュームを上げていく。それにともなって目次や索引も増量する。
 後は、その蓄積された物をどう結合させ分析・検証をおこなうのか。。。と言うところなのだ。逆に言うと、どんな分析や検証を行うのかによって何を蓄積していくのかが大事になると言う事である。ここらを確実にチョイスrするだけの経験がないので、まだまだこれからの失敗と努力が必要なのだろうと思う。

 Excelは未来予想に
 Accessは過去の反省に
 と言うのが私の感想なのだけれど、みなさんはどうお考えになるだろうか?

| 日常 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また やっちゃいました

 ほとんど病気に近いのだけれど。。。。

 YouTubeとかでアニメをまとめ見しちゃう病。。。
 この歳になってまでどうかなとか思うけれど、普通にはまってしまう。

 今回はまったのは「とらドラ!」 全25話 一気見

 かわいいよ 大河
 基本、ツンデレは苦手です。付き合ったりするのは無理です。
 イラッとするし。。。
 ですがぁ、孫レベルだと可愛くてしかたなくなります。
 「みなみけ」の千秋の時もそうだったけど、ほっぺたつねりたくなる。
 まぁ、家庭環境はともかくとして、大河≒千秋なんで抵抗なく見れた。
 と言うか、見てるうちに「みなみけ」見てるような気になってきた。

 頭 クシャクシャってしたくなるよね。

| 日常 | 11:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦場だと思っているわりに甘いよね

 「製造論」と言う一点において、相手が誰であるのかなど全く関係ない。
 ランカーであろうが非ランカーであろうが、リアルな年齢・性別・社会的地位等々、それらの付加価値など全く目に入らない。誰が言っているのかではなく、何を言っているのかが重要だからだ。

 それは荒神丸君に対しても同じである。
 手加減が思いやりや優しさだとは限らないのだ。

 毎度毎度の事だが、もう言いませんと言う言葉はいつ実行されるのだろうか?
 前にも述べたが、過失も度重なると故意ととられる。

 自分が露店買いした値段より安い価格で買い取りしているのを見てどう思うかと言う事だが、何とも?と言うのが素直な感想。あえて感想を述べるとするなら
 1.がんばってるなぁ
 2.買い取り相場はあれくらいかぁ
 3.鋼鉄の買い取りしてないって事は、原価の削減してるのかな
 などなどである。不快に思う事はない。
 露店で買う価格を規定したのは自分自身であって、誰かが強制したわけでもなく法やルールがあるわけでもない。買い取り価格も買い取りを行う人が自ら設定した価格である。相場が参考になっているとはいえ、その価格をチャットタイトルにした時点で本人の決定なのだ。
 買い取りチャットに売りに入る側にも同じ事が言える。自分が持つアイテムを買い取り依頼する場合、そのチャットに示された価格で売るのか売らないのかは自由である。売っても良いと思うからチャットに入るなり取引出すなりする。買い取りチャットに強制力などない。アイテム集めを強要されているように感じると前回の記事で述べていたようだが、買い取りは迷惑であるという前提に理由を探して後付けしたに過ぎない。
 露店にいくらで並べるかは自由である。あるアイテムをいくらで買うかも自由である。その自由さに何の問題もない。この自由さに問題がる生じるのは詐欺か詐欺でないかと言う議論の場合だ。相場が10kのアイテムを100kで売っている場合、単純に桁間違いである場合も考えられるが見る者によっては詐欺だと言われる場合もある。相場が10kであるから桁を見間違って買ってしまう場合があるからだ。
 これは私個人の考え方であるが、s詐欺であったりカボパイ詐欺のような「商品名や性能を偽る場合」を除き、詐欺と確定するのは難しいと思える。
 もっとも大事なのは詐欺にかからない自己防衛なのだ。

 少々内容が脱線した。
 
 初心者がただでなんかくれと出しているチャットも不快に思う事はない。何か貰えるといいねぇと思うか、なんかあげるもんあるかな。。。と思うか、そんぐらいなもんである。

 君の理論には筋が通っていない。
 前回の記事で露店買いの方がどれだけ効率的かを論じたと思えば、今回は効率的な買い取りをする人が増加する一方であると言っている。前回の記事からどれくらいの時間が経っているのだろうか?それほど激変したとでも言うのであろうか。
 こう言った矛盾点は記事が書き変えられる度に散見される。その矛盾点を突かれる度に言い訳じみた理論を展開し更なる矛盾が生じる。

 さて、買い取りチャットをマナー違反だとする論調になってきているようだが、なんだかなぁ。。。と言う感じである。どうしても買い取りを悪としたいらしい。
 私にしてみれば、君がジュピロスやらで釣りしていた事実の方がよっぽどマナー違反だと思える。釣りが前提の狩りが多くなった現在ではそれが必要悪としてある意味「狩り方」のひとつになってしまってはいるが、トレインや溜め込みに関してはまだまだ「迷惑行為」の範疇を脱しない部分も多い。
 昔は昔、今は今と言う意味においては、買い取りチャットがマナー違反になる時代が来たと言う事なのだろうか?

 毎度毎度の事だが、君が買い取りをやめた理由は1対1のチャットが苦手だったからである。プレイマナーを熟読したからでもなければお客様の事を考えてでもない。プレイマナーを熟読はしたのだろうが曲解してしまっているのではないだろうか?今回もまた自分の導きだしたい結論に都合の良いように言葉を引っ張って来ただけなのだろうか?
 
 仲良くしたいので二つの条件を飲んで下さいと言われても、無理としか言いようがない。少なくとも私には無理である。二つの条件を飲む事も仲良くする事も今の私には必要ないからだ。

 今回の記事の最後の三行にこれまでの君の全てがある。

※ 材料を買い取ってまとめてそのまま露店に売るのはOKです。

※ 材料以外のなんでも買い取り屋はOKです。

※ レア装備品やカードなどの売り買いチャットは問題外。

 転売屋が儲かるから転売屋買わないと言った事はなかったかな。。。BOT露店と転売露店は儲けさせちゃだめだから買わないようにしてると言ってたような記憶がある。
 まぁ、常に矛盾が生じるのは仕様なのだけれど、この三行によって導き出される結論は、露店に材料が並べばそれで良いと言う事だろうか?

 もう書きません もう討論しません 自由にやって下さい
 何度も聞いた
 何度も覆された。

 また言うのだろうね。
 それはそれで楽しみのひとつでないとは言わない。

≫ Read More

| 製造業 | 22:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君のポリシーは一週間限定か?

 さてと。。。

 何となく返事が返ってきたので、本気で返事しておこう。

 他人の力を借りなければ自分の意見の正当性を証明できないのかね?
 それとも、議論をするほどの相手ではないのかね?
 議論をするほどの議題ではないような事を何度も繰り返し主張してきたのかね?
 買い取りしている製造さんにwisまでしておいて、君はやめろと言った事はないと言うのかね?
 君がどういうつもりで言ったかは関係ない。
 相手がどう受け取ったかが重要なのだ。

 製造さんが買い取りをしているのを見て なぜ「悔しく」なるのだろう?
 よくよく考えてみるといい。
 腹が立つのと悔しいのでは意味が違うのだ。
 
 その後に出てくる「公平に」と言う表現も同じだ。
 あなたの公平の基準は「自分」である。
 みんなが自分と同じようにする事で公平性が保たれると思っている。
 自分より有利な方法を使ってるなんて不公平だ。
 だってその方法を自分じゃできないから。

 1対1のチャットが苦手ですぐに買い取りチャットをやめたとカミングアウトしてしまったのは失敗だったね。あの一文によって、君が買い取りチャットを否定する資格を失ったのだよ。
 他の人が困るからとか価格高騰を招くからと言う理由で買い取りを否定しているけれど、自分自身がやらない理由は単に「苦手」だからなのだからね。
 そんな事は書いてないと言ってくれてもいいよ。証拠も何も残っていない。例えば、私のブログ内に君の記事がコピペされていても、それが捏造であるといわれてしまってはなす術もない。
 だが、私は知っている。あなたは間違いなくチャットが苦手だから買い取りを辞めたと書いた事がある。

 残念ながらオリデオコン高騰は武器精錬のために必要な方がたくさんいらっしゃいます。これは事実なのです…

 そうだよね 事実だよね。
 これ書いてて思わなかったかね?
 全ての高騰には理由があるのだと。
 それはオリだけではない。製造材料を含めた全てのアイテムに言える事なのだよ。
 消耗品も装備品も全て含めたアイテムと言う物は、必要とされるから値段が上がる。
 ドロップ限定や低確率ドロップ品で高需要でなければ限りなくNPCからのDC無し価格に近付くし、ドロップ限定品や低確率ドロップ品なら需要と供給のバランスで価格が決まる。
 高騰する理由を、自分に都合が良いように「買い取りするからだ」とか「中途半端なステで製造したり清廉したりするからだ」とか、「BSのくせにポイント稼ぎの為に無駄に材料を使ってるからだ」とか言うからおかしくなる。

 買い取りしてた人がピタっと買い取りをやめたりするのが何かのトラブルだと思ってのが笑える。
 リアル事情であったり、他のキャラを育てるのが忙しくなったりすの事も含めてトラブルだと言っているのなら大きく間違ってはいないのだけれどね。
 自分は何も言ってないと付け加えてるのもおかしい。
 まさか 自分の主張がそれほど影響力あるとか思ってないよね?
 まさか 自分の書いた文章を読んで買い取り辞めたとか思ってないよね?
 君の主張や文章に影響されて買い取りを辞める事を否定はしない。
 けれど、もしも買い取りを辞めた理由が君の主張や文章であると判った時点で、その人と私は交わる事はないだろうと思う。

 君にとって「主張」や「ポリシー」は世の中の過半数の賛同が必要なものなのだろうか?
 そのポリシーは悲しいね。
 私のポリシーに賛同などいらない。
 賛同してくれる人がいないからと言って捻じ曲げる事はない。
 自分で納得し信じ貫く事が私のポリシーである。

 白黒つければいいと言ったのは君だよね?
 その話に乗らないと思ったかね?
 いつ どこで どのような方法でやろうか?
 白黒ついた場合、敗者はどうするのだろうね?
 簡単に白黒つければいいとか言える君が怖いよ。

 荒神丸君 返事を楽しみ待っているよ

 
 

| RO | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全てが公平な世界に 「公平」などと言う言葉はいらない

 世の中にありそうでなさそうなもの
 それが「平等」である。

 公平だとか平等だとか、それらが本当に存在する場所があるなら見せて欲しいものだ。

 そんなの公平じゃない! だとか
 平等にやろうや。。。 だとか
 そんな戯言をぬかすのは、公平ではない「そんな」事が実行されたり平等でないと言った当事者が平等でないと思いこんでる手段をとられるのが困るからに過ぎない。

 自らが不利な立場に立つ場合における「平等」の主張と
 自らが有利な立場に立つ場合における「平等」の主張を同じにしてはならない。

 荒神丸君に問いたい
 君の言う「製造者の皆さまが公平で露店から買うことを強く願っております」が現実となる世界は、具体的にどんな世界なのだろう?
 それは本当に公平なのだろうか?
 所持金が1Mの人と100Mの人の公平性をどう定義するのだろうか?
 100Mの人は1Mの人の100倍買えるのが公平なのか
 それとも、1Mの人も100Mの人も同じ個数を買えるのが公平なのか
 100M持ってるけれどログイン時間が一週間に3時間の人と、1Mしか持ってないけどログイン時間が一週間560時間の人であった場合の公平性はどうなのだろう?
 どの場合においても公平でないと言う不満はでそうな気がするが、荒神丸君的にはどうなのだろうか?
 それとも、単に露店に並ぶ前に安く買い叩いているのが気にいらないだけなのだろうか?
 買い叩かれる事で自分の分が減ってしまうのが気に入らないだけなのだろうか?

 大人げないと自分でも思う。
 思うがしかし、この件に関して大人になれない。(毎回か。。。。
 ちょいと反論されたり苦情が来たぐらいで全削除してしまうような記事なら書かなければ良い。

 昨今の運動会では、同じくらいの速さの子を集めて駆けっこさせると聞いた。
 一番もビリもなく、同じ賞品やら賞状やらをもらうらしい。
 なげかわしいね。
 もしもビリになった子の親が、なんでうちの子がビリなんですか!と言いだしたのが発端なら、その親に言ってやりたり。
 運動会ごときの駆けっこで一番にならなきゃ お宅の子は存在価値がないのか!と
 一番になった子の親が、こんなのビリになった子が可愛そうです!と言いだしたのが発端なら、その親に言ってやりたり。
 お前の子は何をやらせても一番のか!と

 得手不得手なんてのは誰にである。
 自分の不得手な事が他人の得手である事なんてざらだ。
 
 他人を否定する事で自分が優位に立とうとする人を否定する。
 自分が優位に立てる部分でいかに優位かを論ずるのはまだ良い。
 自分が劣勢になる部分で、その劣勢がいかに自分のせいでないかを論ずるのは、単なる泣き事でしかない。
 

 

| 日常 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつからだろう

 源次郎の中の人は、真っ直ぐに生きる若者が大好きである。
 打算的な小僧が大嫌いだ。

 自分自身、いつの頃からかひねくれ、そして打算的になってきたのを自覚してないわけではない。
 だけれど、それは「おっさん」だからなのだ。

 若いうちは真っ直ぐで良い。
 損得関係なく、自らの信じた道を進めば良いのだ。

 自ら信じた道に現実が寄り添えば、それは成功に繋がるだろう。
 自ら信じた道が現実から離れていれば、異端者となり敗者となるだろう。

 しかしそれはあくまで「現在」の「実情」であって、未来永劫の真理ではないのだ。

 何百年も続いてきた悪しき慣例を突き崩すには時間が必要である。
 大きな力であれば瞬時に結果が出るのだろうが、「何百年」と言う壁はそれほど薄くはない。
 薄くないからこそ「何百年」と言う表現になる。
 小さな力でも、何度も何度も、何年も何年も、何十年も何百年も何千年も、それが受け継がれる事でその壁をぶち破る事が出来る。
 要は、その覚悟があるのかないのか。
 今この瞬間に脚光を浴びる事がなくとも、何千年か先に認められれば良いと、そう思えるかどうかなのだ。

 年齢を重ねるごとに、現実に逆らう事の難しさを感じる。
 年齢を重ねるごとに、守るべき物が増えるからだ。
 だからこそ、若者たちにお願いしたいのだ。
 
 あなたが善であろうとすればするほどに悪が力をつけようとする
 あなたが悪であろうとすればるるほどに善が力をつけようとする

  

| 日常 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。