源次郎の刻印

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安全在庫と後補充方式

 なんとしてもJITを実現したくてひたすら在庫を持たない方法でここまでやって来たが、この思いを断ち切らねばならない状況に陥った。

 本来は「売れるスピードで製造する」と考えると、日々売れた分を製造補充するのが理想だ。これまで、出来るだけこの理想に近い形で現実を調整してきたが、ゴスペルの導入がこれを妨げる結果となっている。
 リアル事情において、帰宅が21時以降になると十分な睡眠時間が取れず仕事に支障をきたす。Roやってる分には多少の睡眠不足は平気だが、仕事となるとそうはいかない。ここ最近、21時前後の帰宅が多くなっており、帰宅してから製造準備してゴスペル使ってとなると、ゴスペル使わない製造の時よりも製造に要する時間が大幅に伸びてしまい、就寝が0時を過ぎる場合も出てくる。製造終わったらすぐ寝れるなら良いのだけれど、一日を反省しながら酒を飲む時間ぐらいは欲しいのだ。

 これもまたこれまでの思いを大きく変換する事になるのだが、安全在庫を持ち後補充方式で製造する事にした。
 現状は安全在庫さえ持てていないのだが、ひとまずの目標はダマスカス・海東・2HAの強い四色をそれぞれ5セット持つ事である。
 土日を除き毎日露店に四色を並べる事を前提にしている。
 まずは上記12本を5セットで60本の在庫を抱える。次に上記三種の星無しを5セット。計120本が次のステップになる。
 恐らく、星無し5セットを持つ段階になれば、強い四色の動向がはっきりするので、売れる武器・売れる属性に比重を置き、売れない武器・売れない属性に関しては在庫調整を行うつもりである。
 一週間分の在庫を安全在庫と考え、売れた分を土日に後補充する方式である。

 「製造現場」としては、この方法は単純明快で無理がなくて良いが、経営と考えると大きなリスクを背負う事になるのも事実。
 製品在庫・材料在庫ともに抱える必要が出てくる為、大きな相場変動があった時に受けるダメージは、抱える必要がなかった時に比べ間違いなく大きくなる。
 安全在庫をどこまで縮小できるかがポイントになるだろうか。
スポンサーサイト

| 製造業 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流れって怖いよね

 風君 3次になったのね。
 時計3Fで寝落ちしてたのが昨日のようだけどw

 うちの近くにはお酒の量販店があって、そこで買えば安く済むのだけれど、夜中に思い出したように買いに行ったりするもんだから、コンビニで購入とかも度々ある。
 最近は焼酎が美味しくて、ロックで飲んだりお湯割りだったり、時には梅干しとか入れてみたりとエンジョイしている。

 先日も思い出したようにコンビニに焼酎を買いに出かけた。
 コンビニにしても量販店にしても買うのはパックに入ってるやつ。
 お酒コーナーから1.8リットルのパックを持ってレジに向かうと、すでにお客さんが二人並んでいた。
 先頭のお客さんはちょっとやんちゃな感じの人で、なんかブツブツ言いながらレジでお金払っている。よくよく聞いてみると、紙パックのジュースを買ったのにストローをつけようとしなかった店員に苛立っている様子。店員さんは相手の容姿もあってか、少々萎縮している感じ。
 かわいそうに。。。とか思っていたら、次のお客さんの番が来て、そのお客さんが
 「あ、ストローはいりませんよ^^」
 店員さんに気をつかったのか、凄く優しい感じで店員さんが聞くより早く伝えた。このお客さんの気遣いもあってか、店員さんは少々落ち着いた感じ。ちょっと笑顔も見えて、見てるこっちもちょっといい気分だった。
 で、私の番が来たので、お酒をレジに置くと

 店員 「ストローはおつけしますか?」
 俺  「えっと。。。」

 普通はいらんと思う。

| 日常 | 12:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

変更点追記 そして ようこそ!

 ちょっと前の話しなのだけれど、露店出してて気が付いたらSSのようなログが残っていた。


WS000274.jpg

 ようこそ Roへ
 ようこそ Lokiへ

 前回の記事で書き忘れた事があったので追加

 新生坂之上商工会について
 既存の坂之上商工会はジェネの坂之上刀剣店がGマスを務めているが、これを殴りABに変更し、G名も「坂之上商工会Co.Ltd.」に変更した。目的はGスキル「鋭い視線」の効果を得る為である。
 ギルドレベルなんてどんだけ頑張ったら上がるのかと途中諦めかけた事もあったが、そういう意味でもマラソンの効果は絶大だった。あっと言う間に視線5、そして拡張3まで取れて、3PC待ちになっていたわけだ。

 既存の商工会に所属しているメンバーを新Gに全員移動させるのが次のステップ。
 G告知に記載しておくので、随時、俺かあいに声をかけて欲しい。
 一旦移動済みメンバー全員に加入権をつけておくので、俺やあいになかなか会えない場合は、移動済のメンバーに頼んでもOK

| RO | 18:52 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここ最近の動き

 すっかりご無沙汰しております。
 と言うか、すっかりサボってました。
 サボってはいましたが、全く何もしていなかったわけでもなく、ゆっくりではありますが前進してはいます。

 やっと製造を再開できるような状況になりましたので、ここ最近の動きとこれまでとの変更点をお知らせしようかと思います。

 まずゴスペルの導入。
 討伐クエのおかげでLvが上げやすくなりました。これを利用して以前にもブログにて紹介させて頂いたRGを作りました。パラまでは通常の戦闘ステでAGI槍、3次になったところでInt全振り120にしてゴス専用RGにしています。これによって、長時間のゴスペルとブレス・マニピも併せたSP回復力で、ロスの少ない製造が可能となっています。

 次に3PCの実現
 リアルな問題も含むため、最も実現が遠いかと思われた3PCでしたが、仕事用に現場で使っていた個人用PCが不要になった為、これを自宅に持ち帰り3PCとなりました。グラボのないOfficeが使えればいいやノートPCなので、狩りやらなんやらには使えませんが、露店やゴスペルぐらいなら全然大丈夫。常時ゴスペル仕様となりました。

 買取露店の導入について
 チャットので買取を主体にしてきましたが、買取露店を導入する事にしました。
 これまでの信念をねじ曲げる結果となりますが、チャットと露店での買取を試行してみたところ、同じような状況下で買取露店の方が買取やすいと言う結果が出ました。
 これまで苦労してきた材料確保ですが、これが打開策になればと思っています。

 料理の導入
 料理をつかうぐらいなら製造辞めるとまで言ってしまいましたが、そこはその。。。あの時の出来事に相当腹を立ててたんだなとご理解頂ければと思います。
 料理を使わない理由はひとつ。製造原価として不確定な要素となるからです。
 料理の効果時間は20分もしくは30分。
 この時間内にステータスALL+20の効果が何回得られるのか?
 製造の試行回数は何回で、成功本数は何本なのか?
 武器レベルで成功率が違うのをどう反映させるのか?
 要素が多すぎてどうにもなりません。ALL+20の発動率は 1/効果の種類 とかで求められるのかも知れませんが、長期にわたる試行の末にやっとその確立に近くなるような感じだと思います。
 また、最大の問題は20*n分もしくは30*n分という区切りにあります。
 この区切りで製造を終了しなければ、料理にかかったコストが無駄になるか必要以上に製造をしなければならなくなり、減価割れもしくは在庫ロスが生まれます。
 そこで解決策として殴りABのStrを77にしルナカリゴを導入。グリーンサラダを使用する事にしました。
 自力でわりと安易に入手できる料理ですので、時間が余ったところで無駄に製造する必要もなく減価コストとして考える必要もありません。効果としてはDex+5なので劇的なものではありませんが、その分のコストダウンは価格に反映できると思います。
 古代魚の活造りについてはなかなか数が集まらない為、現状では常時使用と言うわけにいきません。常時使用の目途がついた時点で価格に反映しようかと思います。
 

| 製造業 | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。