源次郎の刻印

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

確率って意外とあやふやなのね

 次のメンテ辺りから価格改定しよかと思ってる源次郎です。
 オリの価格が下がってるので、それに合わせて販売価格を下げようかと思ってます。

 先月から開始している製造成功率の検証ですが、必要試行回数は何回なのか検索してみたところ、以下のような記事がみつかりました。

 確率分母の100倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±20%以内の確率になる
 確率分母の400倍の試行回数をこなせば、95%の確率で誤差±10%以内の確率になる

 つまりですね。。。確立分母は100なんで、1万回の試行回数をこなしても20%の誤差が出るって事です。
 源次郎の例で言うなら、Job80で計算した場合の成功率は53.6%になっていますが、1万回の試行後に得られる結果は、45%から64.3%までのバラツキがあって、しかも5%の確率でそこに収まらないって事です。
 これ検証の必要性ありますかね?(笑)

 製造キャラを続けるだけなら熱意だけでも大丈夫。しかし、源次郎が目指すのは「生業としての製造」=製造業なので、利益を出す必要性が出るわけです。原価計算の根拠となる成功率の信憑性に不安があるってのは困るわけです。

 結果報告は続けて行こうと思ってますが、同一ステのまま1万回以上の試行を行えるような時期が来るんでしょうかね。。。
スポンサーサイト

| 製造業 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年6月 ソースは俺

 前回記事でも書いた製造結果の累計報告を始めようかと思います。
 ひとまず、2015年6月度の累計は以下の通り


201506.jpg


 何とも悲惨な結果に。。。
 Job70計算でも51%のはずなんですが、80本の試行回数に対して39本の成功と、5割を切ってしまいました。

 そもそも、どれくらいの試行回数でやればいいんでしょうかね?

| 製造結果 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。