源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランキングについて

 製造BSにとって名声システムの実装は色々な意味で衝撃的だった。
 この世界のTOP10って事だよね?
 世界陸上で10位以内って事だよね?
 フォーブスだか何だかの「世界を動かす10人」とかだよね?
 正直、そこに自分の名前を連ねて見たいよね。

 ランキングの話しをしてた時、とある製造BSさんが言った。
 「WSの友達がいると、直ぐにランカーになれちゃいますよ^^;」
 その時は、何の事だかさっぱり判らんかった。何本も何本も作らなきゃランカーにはなれないと思っていたし、作ってもちゃんと売れなきゃ意味無いと思っていた。

 ランキング実装と同時に、一部の製造さんがスタートダッシュをかけた。
 露店に超強い海東が溢れた。
 +10無属性星無し海東が量産された。
 俺、頭悪いから、気づいてなかった。
 ランキングって、製造職人としての称号じゃなくて、どんだけお金に余裕あるかって事なんだ。。。
 世界陸上やフォーブスとかじゃなくて、長者番付?

 俺はRoの中で二度目の人生を送ってる。
 課金スタート後、暫くしてからキャラ消しした。
 新たにキャラを作る時、プリと製造だけは作る事が決定してた。
 初めて持った属性武器の強さ、あの驚きと感動が忘れられなかった。アイスナイフでエギラを叩いた時の感動。今もまだ覚えてる。
 製造をメインキャラにしよう!
 源次郎という製造BSで、俺はこの世界に関わって行こう。
 そう心に決めた。
 FD前広場でのミルク売り、エルの買取転売、鋼鉄の製造転売、そして、やっと自分の銘入りのマインゴーシュを売れるようになって。。。
 俺には勿体無いぐらいの優秀な嫁の助けも借りて、亀Dで迎えたJob50。
 Job50を迎えた頃には、もう既にLokiで有名所の製造さんは固定されつつあった。
 狂屋さん、蟹屋さん、リアルラックさん、芽衣さん、出維さん。みんな大先輩だったし、目標でもあり憧れでもあった。特に狂屋さんには憧れた。話した事なんか無いのだけれど、露店とか見てると、なんだかポリシーみたいなん感じた。職人さんだと思った。だから、敢えて狂屋さんの武器は持たなかった。おこがましい話しなのだけれど、憧れじゃなくて、いっその事ライバルにしちゃおうと思った。いつか肩を並べたい。いずれは追い越そうと思った。
 あぁ。。。何書いてるんだかわかんなくなってきた。。。

 狂屋さんのブログを読んだ。
 俺と考え方が似てた。
 製造を休止した。
 本当の「名声」って何だろう?と思った。
 名声って大事?
 名声と誇り、どっちが大事?
 考え過ぎて製造できなくなった。
 狂屋さんの言う通り、ランキングで武器の値段が上がれば、当然材料の値段が上がる。今までと同じだとしても、同じ値段ならランカーの武器の方が売れる。結果、育成途中や、これから製造BSを造ろうとする人にとっては、厳しい状況になる。
 造れねぇ。。。もう製造なんかできねぇよ。。。
 真剣に製造引退も考えた。

 でもね、嫁が言うのよ
 「私にとって製造は特別な存在。思い入れが一番強い」ってね。
 思い出したよ。
 「製造をメインキャラにしよう!
 源次郎という製造BSで、俺はこの世界に関わって行こう。」
 もう一度歩き出そう。ゆっくりでいい。
 名声は結果としてついてくる物。それよりも誇りを大事にしよう。
 +10無属性星無しLv3とかは絶対造らん。依頼であっても造らん。
 超強いLv3量産はやらん。依頼は受ける。
 ランカーになっても値段を変えない。
 材料補充は買取中心。

 俺は俺であり続けたい。
 一人の製造職人として、この世界に関わって行きたい。
 現在育成中の製造BSさん。製造BSを目指そうとしている商人さん。製造BS志望の商人を作ろうとしてるみなさん。大事なのは誇りです。そのキャラを愛する事です。
 どんなに遠い道のりも、歩いてさえいれば
 私が製造BSを作ると決めた時に頂いた言葉です。
スポンサーサイト

| 製造業 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/10-57801374

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。