源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

星入りLv2以上の武器

 製造を始めた頃からずっと課題として持ち続けている「安定供給」 ずっと持ち続けているって事は、ずっと解決していないって言う事。きっとずっと課題のままなんだろなぁ。。。

 今回、回避策のひとつとして「星入りLv2以上の武器」を露店から外す事にした。
 Lv1武器の星無しは、よっぽどの事が無い限り需要は低い。値段的にも星無し属性と強い属性の差は30k程度と大きくはない。星無しが必要な場合は受注生産する方向で良いのではないかと考える。
 Lv2以上の武器になると鋼鉄が必要となり、星入りで成功率が下がる事による鋼鉄の消費が、鋼鉄在庫の枯渇の大きな原因のひとつとなっている。買取や露店巡りによる鋼鉄の供給の程度は、その時の「運」に大きく左右され、さらに星入り武器の成功率と言う「運」によって消費の程度が決まる。強いLv3武器に至っては成功率3割強と更に「運」の要素が高まり、必要材料の数もあって消耗の度合いが高い。
 これまで安定供給の為に必要最小ストックを製品として持つ形を模索したが、思った以上に製品在庫と材料在庫が必要となる。材料の供給が間に合わず、安定供給という側面から考えると悪化する形になってしまうのだ。悪化させてしまうくらいなら、材料の消耗の激しい製品を受注生産とし、まずはその他の製品を安定供給した方が良いのではないと言う結論に達した。
 恐らくこの方法も最善ではない。現状を考えてよりベターな方法を選択したに過ぎない。受注生産すると言う事は、発注を受けてから納品までの間にタイムラグが発生すると言う事。露店に並べる方式を採った場合は売れてしまう事も多く、スムーズな納品が出来ない場合も多々ある。直接納品する場合も、互いのリアル事情等によっては納品が大きく遅れてしまう場合がある。
 「煩雑さ」は顧客離れを招く原因のひとつである事は間違いない。その煩雑さを無視できる程のサービスを提供できれば良いのだろうが、それほどのサービスをどう生み出すのかで頭を悩ませる事になるだろう。
 高Lv製造WSの増加に伴い差別化と言う意味合いでのサービスは難しくなる一方である。BSに出来る事はWSにも出来る。JobやBaseと言った物は、リアルな製造における「装置」と同じ意味を持つと考える。ランカーであるかどうかと言う要素を排除するなら、Base Job共に同じLvであれば、同じ成功率で同じ性能の物が出来るはずである。支援や装備と言った要素も同じ物を揃えられる。だが、リアル製造ではありがちな事だが、同じ装置を導入したからと言って同じ物がアウトプット出来るとは限らない。そこに必ず「人」が絡むからだ。この「人」とはこの世界の何になるのだろう?その答えに辿り着く思考の過程が、私の製造としての生き方なのかも知れないと思える。
スポンサーサイト

| 製造業 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/111-e1c6a4e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。