源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花は何時咲くのだろう

 どうにもこうにも欲しいので、作ってくれるお店にメールしてみた。
 持ち込み画像でも作ってくれるそうなので、デザイン用のテンプレートを送ってもらって、自分でデザインしてみた。デザインと言っても、商工会のエンブレムを白黒にして、あと裏面を適当にそれっぽくしてみただけ。



 シンプルなのが好きだと言えば聞こえは良いが、単に絵を描いたりが苦手なだけ。マルやらシカクやらを組み合わせて、あとは書体でごまかすのが源次郎の手口である。

 「されど我は咲くなり」は武者小路実篤の言葉である。
 「人見るも良し 見ざるも良し」に続く言葉。
 武者小路実篤を詳しく知っているわけではなく、勿論、この言葉がどこに書かれているのかとか、どんな形で世に出たのかとか、そういう事は全く判らない。
 中学三年の時の担任が私に贈ってくれた言葉である。
 「何でもかんでも他人のせいにするな!
  咲くも咲かぬもお前自身だ!」
 ブン殴られながら一生心に刻んでおけと頂いた言葉である。なんでそんな事になったのかは恥ずかしくて言えない。
 あれからずっと座右の銘として大事にして来た言葉だが、この言葉に恥じぬ生き方が出来た事は、まだ一度もない。
スポンサーサイト

| 日常 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/185-6c298aaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。