源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

買い取りをする理由

 前回の記事に非公開コメントを頂いた。
 ただ、どうにも勘違いしているようなので、返信ではなく新規記事として書く事にする。

 今回私が謝罪したのは、思慮の浅い短絡的な行動についてであって、私自身の考え方が間違っていましたと言っているわけではない。
 弱ってもいなければ凹んでもいない。
 私が一番頭に来ているのは、買い取りをどうこう言っている事よりも、話しをする度に「ごめんなさい。買い取りについての部分は削除します。もう書きません」と言うのだけれど、数日もしないうちに買取について、それがいかに悪影響なのかをおよそ理論とは呼べない主張を展開している事だ。
 それは何度となく繰り返された。
 過失も度々再発すると故意ととられるものだ。

 今回も同様。
 卑怯者であるかどうかを問い正した時に、「ごめんなさい 削除します もう書きません」と言ったにも関わらず、謝罪文の下に「買い取りについて説明します」などど追記してあったわけだ。
 あの文章を読んだ方はお判りだと思うが、そもそも古参鯖であるLokiでどれだけの人が露店用キャラを持っていないと言うのだろうか?また、これだけの接続人数がある鯖で、何故に「Ro歴が短く露店キャラを持っていない3人(5人だったっけ?)」を抽出したのだろうか?その条件に合致するプレイヤーがどれくらいいるのだろうか?狩り人3人(5人だったっけ?)に対し、買い取り派が数人、反買取が彼一人と言う比率はどこから来たのだろうか?そもそも、あの比率はLokiの供給側と需要側の比率と合致するのだろうか?
 彼の理論はそれを展開する際の前提条件があまりにもずさんである。私には「結論ありき」で、それを導き出す為の前提条件にしか見えないのだ。

 買い取りのような卑怯な事はしたくない。
 買い取りすると露店に並ばなくなって、他の人が困るから、正々堂々と露店で買う。
 しかし、実際には1対1での会話が苦手で買い取りが「できない」だけの事だったのには少々呆れた。大上段に振りかざした正義は、単に自分の短所を包み込む安っぽい包装紙であった。そんな理由で悪役にされていたわけだ。もっと突っ込んだ言い方をすれば、本来は彼自身が「できない」だけの事を「卑怯な手段」だと思い込んでいるにすぎない。
 「あのブドウはきっと酸っぱい」
 ブドウを食べたかったけど、ブドウが高い所にあって届かず食べられなかったキツネが、自分を納得させる為に言った言葉である。ストレスを回避する方法としては有効ではあるが、彼の場合、「俺が食べられないんだから、みんなも食べちゃだめ!」「ちゃんと果物屋で買わないと、果物屋さんが潰れちゃうから!」「お金も払わずにブドウ食べるとか卑怯だ!」と言ってるわけだ。これはないと思う。

 彼が買い取りをしない(できない?)理由を書いているのだから、私も買い取りをする理由を書いておこうと思う。
 まず、価格は購買意欲に直結する。武器を安く売る方法はいくつかあるが、最も効果的なのが原価コストの削減である。材料を安く仕入れる為に買い取りを行う。
 買い取りには、もう一つの効果がある。
 商売において「お客様は神様」は良く言われる事だが、「仕入先も神様」なのである。いくらお客様を大切にしようと思っても、仕入先から材料が入って来なければどうにもならないわけだ。露店販売や依頼製造で客先との関係は作れるが、仕入先との関係を築くには露店買いでは難しい。受け入れ窓口(買い取りチャット)に店主自ら(製造キャラ)が立ち、仕入先(買い取り希望者)の対応をする事で、仕入先との健全な関係を築くのである。
 これにより「顔を売る」と言う効果も出る。
 「あ この武器、いつも買い取りしてる人のだ」
 それだけでその武器との距離感が縮まるのだ。
 
 彼は何の為に製造をやっているのだろう?
 私は、ギルメンや相方をはじめ、私の武器を愛用してくれる人達の為にやってる。
 誤解を恐れずに言うなら、他の製造さんが困るとかは考えていない。それを考えなければならないのなら、狂屋さんのようにランカーにならない道を選んだだろう。
 今の彼は、なぜ狂屋さんの武器が狂屋さんの露店以外になかなか並んでいないのか、その理由に興味すらないだろう。それこそが属性武器の本懐だと思えるのだが。。。。
スポンサーサイト

| 製造業 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/201-49bdd40f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。