源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仕事におけるカリスマ性は後天的要素でも十分である

 キタダの現場で動きがあったようである。

 営業さんにはお世話になったので、あの人が自ら放棄したとは思いたくはない。恐らく放棄「させられた」のだろうと思う。
 どうしても請負化したい課長の思惑がチラホラ見えるからだ。
 ただ、もしも課長がテツヤ君を常駐管理的な立場にしようと思っているのなら、先が見えてくる。むしろ、請け負わせると言う目的が果たせるかどうかさえ疑問になる。

 常駐管理的な立場は、現場リーダーよりももっとシビアだ。
 使えない奴には使えない奴なりの気の使い方をする。
 使える奴には使えるやつなりの気の使い方をする。
 ただ、どんなに使える奴でも、将来的に必要のない奴なら、例えば現場の和を乱したりルールに従わなかったりする奴は、どんなにお気に入りの奴でも切らなきゃならない。
 上司の言う事は「ほぼ」絶対だし、それを覆すには更に大きなエネルギーを必要とする。
 ルールは絶対だが、その裏側で画策するぐらいの力量が必要となる。

 まぁ まずはテツヤ君のお手並み拝見とまいろうか。
 もしくは、請負元のお手並み拝見と言ったところだろうか。
スポンサーサイト

| 日常 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/236-f37a91ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。