源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言い方はどうでも良いのか?

 正しい事を言っているのだから、言い方はどうでも良い。
 この言葉は、それを受け取った側もしくは第三者が使う事のできる言葉である。

 間違った言い方をした本人が、それを言ってはいけない。
 それは単に、自分のボキャブラリーの無さを露呈しているに過ぎない。
 あんな風に言えばよかったな。
 こんな風に言えばよかったな。
 次はこう言おう。
 それさえも考えられないから、「どうでも良い」としか言えないのだ。

 そう思うならば、一人で生きていけばいい。
 一人で生きていく覚悟があるなら、その言葉にも重みがある。
 真実は真実であると、正義は正義であると、どんな言葉を用いてでも訴え続ければいい。

 周囲に理解されなくても良い年代は学生さんまでである。
 周囲に理解されなくても良い生き方は
 利益の存在しない部分の生き方だけである。
 利益が存在する以上、理解される必要があるし、理解してもらう努力が必要だ。

 自分に対し利益をもたらす相手に
 理解できないあなたが悪いと言ってしまった瞬間に
 その関係はなくなる。
 むしろ、存在する意味がない。

 理解されない上司であるべきではない。
 それと同時に、理解されない部下であるべきではない。

 理解を得られない会社であるべきではない。
 同時に、理解されない社員であるべきではない。

 理解されようとしない者
 理解されようと努力しない者
 理解されようと模索しない者
 組織に属する事が良いか悪いかと言う議論は別として
 それらの人は組織に属するべきではなく
 同時に、組織の長にもなるべきではない。
 組織の一員でも組織の長でも、それが成り立つには
 「相互理解」が必要なのだと思う。 
スポンサーサイト

| 日常 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/242-612ca5fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。