源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リアルなら超ウザイよね 俺ってさ。。。でも 俺は俺だしねー それ以外の何者でもない

 例えばだ
 恐ろしく例えばだ
 実際にはありえないので「恐ろしく」なのだ

 私があいと別れる事があったとして、再婚する事になって
 その再婚相手と私の子供たちが相性悪くて
 どちらかが出て行かなければならなくなった場合、
 私は迷わず私の子供たちとの時間を大事にする。

 私の再婚相手と子供たちの相性が悪いのは、極端な言い方をすれば私の責任ではない。
 しかし、「そんなこんなで、私の子供たちが出ていかなければならなくなってね。。。」と、どれだけ寂しそうな表情を浮かべたとしても、そんな事を言ってしまう大人を許す事はできない。子供たちが出て行ったのではない。親が追い出したに過ぎん。

 私は甘い方なのかもしれない。
 妻にせよ子どもたちにせよ、もしも私の身内に喧嘩売るような奴がいれば全力で潰す。例えそれが私の独りよがりや勘違いだったとしてである。
 それは、妻や子供たちが私を大事に持ってくれくからではない。私がみんなを大事に思うからである。
 私の一方的な思いからそうするのであるから、みんなに迷惑をかける事もあるだろう。迷惑をかけた事もあるだろう。時には嫌われた事もあるだろうし、今でも嫌われている場合もあるだろう。

 だがしかし、うちの子になった以上、私のそのわがままには付き合ってもらおう。
 私がわがままなのは知った上で私の子になったっはずである。
 それを判ってくれるであろうと思えなければ、うちの子になって欲しいとお願いなどしなかったであろう。

 たかがこんな世界なのかもしれない。
 リアルな世界では意味のない繋がりなのだと思う事もある。

 それでも、みんなに出会えたこの世界に感謝する。
 
スポンサーサイト

| 日常 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/260-9301440a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。