源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わざとやってるなら悪だと思う

 検査工程で見逃しが発生し、結果として市場流出した。
 ある社員さんが休憩室で、うちの作業者が「よく寝たわー」と言ったのを「聞いた事がある」と言った。
 この二つが重なって、検査工程の作業者が寝ていたから見逃したのではないかと言う事になってしまった。

 現場・現物・現実とは程遠い
 見逃しの発生と市場流失は現実だが、作業者が寝ていたかどうかは不明である。
 当事者に何も聞かないうちに、寝ていたからだと結論付けた奴らに腹が立つ。
 その結論を受け入れる奴にも腹が立つ。

 検査工程の作業者を一人ずつ呼んで面談を行った。実際はどうなのか事実確認を行う為だ。
 流出させた当事者の面談の時である。私の担当部署なので私は参加。部署のリーダーも参加。もう一人、書記として管理側から参加した。一人の作業者を三人で囲んでしまう形になり、その作業者は責任の重さに泣き出してしまった。
 流出させてしまった事には責任を感じて欲しいのだけれど、我々が管理という立場で行うべきは「事実の解明」「原因の追及」「対策の立案・実施」「歯止め」である。決して「責任の追及」ではない。裁判ではないのだ。
 次の作業者の時、書記で参加している方に参加しないよう求めた。あまりに囲みすぎるとプレッシャーが強すぎて作業者が委縮してしまう。当事者はかなり責任を感じ、面談後に退職したいと申し出をしていると。その方の返事は
 「わざとやってるんですけど?」
 だった。
 事の重大さを判らせ責任感を出させると言う事なのだろうか?
 いやいや。。。事の重大さは説明すればわかる。教育を行う事で責任感は出て来る。プレッシャーをかける以外に方法はいくらでもある。
 脅せば言う事を聞くだろうと思うのは大間違いなのだと思う。

 事実確認をした中では「居眠り」が原因だと言う結論には至らなかった。
 検査工程の評価は、良品を出していると言うよりは「不良を見逃さない」と言う評価の基準になっている。つまり、市場からクレームが来て初めて評価され、しかもそれは常にマイナス評価となる。そういう意味でモチベーションを維持するのが難しいのだ。延々と顕微鏡を覗いて検査するのだから、集中力が切れる場面もあるのが事実だが、その際には、現在検査している製品を手順の最初から検査を再開していると言うのが作業者の答えだった。
 流出した事は事実である。居眠りによる見逃しの可能性がゼロだとは言わない。その可能性をどれくらいつぶせるかも対策として必要である。
 だが、現状把握の段階で「居眠りが原因」としている人達には、根本解決はできない。
スポンサーサイト

| 日常 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/280-2c36e27e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。