源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の中の悪魔

 ほっといた方がいいのはわかっている。
 判ってはいるが、私の中の悪魔がそれを許さない。
 私は基本、悪人なのだ。

 信念とは背中で語るものである。
 自分が信念を貫く為にどれだけ苦労しているか語った時点で、それは信念ではなくなる。
 なぜなら、信念を貫きたいのは自分であって、その苦労は自らに課したものである。それを苦労だと言う時点でその信念を貫く事はできない。
 自分の信念を貫くにあたり、現状との隔たりに泣き言を言った時点でそれは信念ではなくなる。
 その瞬間に、それはただの駄々っ子だ。
 自分の信念を貫けない事を何かの所為にした時点で、それは信念ではなくなる。
 信念とは、状況によって左右される物ではないからだ。

 信念と善を混同してはならない。
 自分の信念が善であるとは限らない。
 同様に、善であれば信念と成り得るかと言えば、そうでもない。

 人の為にと書いて偽善
 言いえて妙である
 正しき道は自分の為にあるのであって、他人の為にあるのではないと言う事だ。
 誰かの為に何かを成そうとする事を否定しているのではない。その気持ちは大事だと思う。
 善を成す事と善を成させる事は違う。
 善は「成す」ものであって、「成させる」ものではない。
 自らが善と思うなら善で良い。ただ、その善が他人にとっても善であるかは疑問だ。
 合法か違法かと言う話ではない。善か悪かと言う意味においてである。

 信念とは自分の為にある。
 それが生き様である。

 私もまた、そのような生き方ができているかどうか反省しなければならないだろう。
スポンサーサイト

| 日常 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/282-95e1aac3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。