源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

結果論

 何をしたか
 何を言ったか
 どうしたか
 どうするのか

 いやいや
 そんな事はどうでもいい
 おやじは世界一のおやじだ
 そう言わしめる子供を育てた父親は 賞賛に値する。

 会見に出ないとか、反則指示したんじゃないかとか
 そんな事はどうでもいいよ。
 どうでもいい。

 世界一のおやじだと、そう子供に言ってもらえる親って少ないと思う。
 そこは認めてやってもいいんじゃないだろうか?
 コメンテーターは何とでも言うさ。
 ただ、貴方の子は、貴方の事を何と表現するのだろう。
 貴方の中にも、そう呼ばれたいと、いつかはそう呼んで欲しいと、そう思う気持ちがあるはずだ。

 父親の威厳がなくなってしまった感のある現在。
 やった事は間違っていたのだろう。
 しかし、世界一のおやじだったと言える子を育てた父親は、間違いなく父親なのだ。

 がんばれ長男。
 がんばれ次男。
 がんばれ三男。
 父のために頑張れ。
 最高の息子達だと、父親が誇れる子になって欲しい。
 そしてまた、最高のおやじだと、そう言って欲しい。

 熱い気持ちが失われつつある現在。
 あなたの熱い気持ちが、俺は好きです。
 調子こいててもいい。
 調子こける程の自信のない奴よりは ずっと素晴らしい。
 貴方の自信が、そのまま実力に繋がる。そんな日がくると信じています。
 
 あの三人には、積み上げられたものがある。
 それを忘れないで欲しい。
 批判もある。確かにある。
 新しい事をやろうとすると、批判はあるに決まってる。
 
 ボクサーとしてはなくて、親子として、この親子は素晴らしいと俺は思う。
 父よ、そして子供達よ
 これからだ。大事なのはこれからだ。
 夢を、まだまだ夢を見させて欲しい。
スポンサーサイト

| 日常 | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/31-70754537

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。