源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

理想と理論と精神論

 風邪で一日寝込んだ。
 起きてみたら返事があったようなので、返事をしておこうと思う。

 ランカー1位の座を捨てるのは勝手だが、譲っていらん。
 むしろ、ランカー1位を捨てると言う事は、彼の考えでいけば商売上手ではなく清廉潔白でもないと言う事にはならないのかと思う。

 私が買い取りをする理由を想像してくれたみたいである。何度も言って来たから今更「想像」されるような事でもないのだけれど、最も大きな理由は原価を下げる事である。現状のオリの買い取り価格は38kとしてるが、もし露店で37kで売っていれば迷わず買う。原価低減できるのなら手段は選ばない。
 じゃぁ、彼のようにドロップ狙えば原価はもっと下がるよね?って話しになるのだけれど、そこんところは中の人の性格である。非常に面倒くさがり屋。私が知る限り私ほど「コツコツ」と言う言葉が似合わない人はいないと思っている。何度か気が向いた時に材料集めに行った事もあるけれど、結局長続きしない。殴りABでLuk料理を集めるのさえ苦痛になってしまう人が、コツコツと製造材料を集められるはずもない。
 そういう意味では、彼の言う「面倒」と言うのは理由のひとつとして間違ってはいないと思う。
 
 坂之上刀剣店の製造システムは安全在庫後補充型である。
 資金の乏しい当店においては、販売している製品を各1セット持ち、売れた分を製造補充する形が一番ロスが少なくて良い。製造に必要な材料を確実に補充すると言う意味においても買い取り露店は有効だと考える。
 一時は一週間分の安全在庫を5セットと設定し1回/wで製造を行ってみたが、一週間分の材料を確保するのが難しかった。一週間分の製品とそれが売れるまでの一週間で材料を買い取りする為の資金が必要となり、合計で2週間分の材料と同等の資金が必要となるからだ。
 3月5日に引越ししてからは勤務先も変わり帰宅後の時間に余裕ができたので、この安全在庫の見直しを行った。最初は各1セットの製品在庫で1回/dでの製造を行い、露店の更新も1回/d。製造後にフルセットで露店を出してそのまま一晩を放置する。翌日帰宅後に売れた分を製造補充と言う感じだ。利益は全て材料費に回し、材料に余裕が出てきた所でセット数を増やす。途中、材料調達をミスって相方に資金援助を求める事態にもなったが、今現在では安全在庫3セットで1回/dの製造。これに伴い、露店更新回数も最大で3回/dとなった。更新のタイミングとしては、帰宅後の製造終了時点でフルセット、就寝前に更新、出勤前に更新の3回である。
 現状ではダマスカス・2HA・海東・スタナ・スチレの5種類を4色3セット、ソドメ・ランス・フィストの3種類を4色2セットが製品在庫である。ソドメに関してはチェンジマテリアルの関係で材料調達が容易な為3セットにするのは後回しになる予定。現状において調達が困難なオリを使用するランス・フィストのセット数増加と、最もオリを使用するクレイモアの販売開始が次の目標となっている。

 必要な材料を確保するのが精一杯な当店では、売れ残っていて勿体ないから露店から買うとか言う衝動的な材料補充は自殺行為である。
 坂之上刀剣店における主要材料の発注点、つまり買い取りを開始する在庫数は以下の通りである。

 鋼鉄 発注点3000 発注数2000
 オリ 発注点1500 発注数1000
 星の欠片 発注点300 発注数1000
 属性結晶 発注点100 発注数100
 アメジスト 発注点50 発注数100

 属性結晶と星の欠片の発注点はもっと低くても良いと思うのだけれど、オリの補充が困難な為に高め設定にしてある。アメジストに関しては露店での供給は少ないものの買い取りを出すと意外と買い取れるので低め設定にしてある。

 資金の乏しい状態でどう製造を行っていくのか。どう無駄をそぎ落とし効率的に資金を運用するか。欲しい時に欲しい物が欲しい値段で欲しい数だけあるのなら、露店で買うのもいいだろうと思う。別に露店で買うなとは言っちゃいない。現状では私のわがままを聞いてくれる露店など一つもない。これから先もそんな露店は現れないだろうと思う。なぜなら、それは単に私のわがままだからだ。例えば、現在の私の買い取り価格と露店相場が同じとなったとしたら、私はそれ以下の買い取り価格に変更するだろう。できるだけ原価を抑えるのが目的なのだ。露店以下の値段で買えるのならそっちを選択する。
 
 楽をするのは悪い事で苦労する方が正しい的な言い方は心外である。
 楽をする事はズルをしたりする事ではない。いかに楽にやるかはムリ・ムダ・ムラを排除する事である。彼が思う楽と私が思う楽には大きな違いがあるようだ。
 製造業的に言うと、いつまでも苦労するのは考えないからだ。もっと楽にできる方法はないかと考えるから効率的になる。ムリ・ムダ・ムラを省き必要な事だけを出来るだけ簡素化して行う。わかりやすく・みやすく・やりやすくするにはどうするか、それが楽をすると言う事である。リアルな世界では改善や工夫を行う事でこれが実現されるが、Roの世界ではこの改善や工夫に制限がある。規約違反となる行為は改善や工夫とは言えない。Bot等の使用は「楽になる」と言う側面では改善なんだろうが、カッターの使用が禁止されている現場ではいかに作業の効率が上がろうがカッターを使用する事はできない。ある程度の制限の中でどのように楽をするのかを考えそれを実行・実現するのは決して悪い事ではない。むしろそれを考え実現・実行する能力は必要だと考える。
 Botはともかく、お座り公平にしても同様。推奨もしないしやるなとも言わない。特に何の問題もなく可能だからだ。
 楽するのが嫌だと言うのは個人の主観であって、そう思う事自体をどうこう言うつもりはない。楽をするのが嫌だから苦労するのであって、苦労する事が正しいからではないと言う事は認識してもらいたい。勿論、楽する事が間違っているというような論調は非常に不愉快である。

 自分の手で苦労したら最後まで頑張れる。
 そういう事もあると思う。否定はしない。苦労するから思い入れが強くなるのだと思う。それは間違ってはいない。だけれど、自分がそうだからと言って、買い取りのような楽な作業に飽きる製造が増えているというのはどだろう?休止中の理由がそれだと限定するには根拠が無さ過ぎる。
 これもまた、楽をするからダメなんだと言う事なのだろうか?
 想像でしかない事柄を言いきってしまうのは悪い癖だ。

 ランキングポイントに意味などない。単にポイント対象武器を何本造ったかの記録でしかない。少なくとも私の武器に関してははっきりとそう言える。私は製造をやり続けるのであってランカーをやり続けるわけではない。今はランカーだがいつランキング外になるかわからないし、その後ランカー復帰への努力をすると言う訳でもない。ただひたすら製造であり続けるだけである。ランカーであり続ける保証はできないからだ。
 もしもポイント上位者の方が売れると言うのなら、それはそれで構わない。ポイントが低いが故に売れないというのならそれでいい。ランカーである事は私の武器のセールスポイントではないからだ。

 正々堂々と商売競争をしたいと言う気持ちをどうこう言うつもりはない。ただ、自分がやってる事が正々堂々であると言う定義はいい加減終わりにしよう。皆が露店で買うようになったら、露店での買い取り競争が始まる。長時間ログインできる人が勝つって構造になる。現状と殆ど変らない。買い取り露店なのか露店からなのかって違いだけで、相場も大きくは変動しないだろう。なぜなら、相場は需要と供給のバランスで成り立つから。需要と供給のバランスが変わらない限り、入手の手法を変えても変わらないと考えるべきだと思う。
 
 材料の買い取り等の楽な作業と張り合いたくないと思ったのは君である。その君の思いを遂げさせる為に買い取りはやめなきゃならないのだろうか?
 買い取り露店を利用するのには意味がある。その意味を捨ててまで君と正々堂々と張り合う事にそれ以上の意味があるとは思えない。何か良い事があるのだろうか?
 
 私は「みんなの為に」と言っている人を信用しない。
 自分がやっている事が結果的に誰かの為になるのならそれで良い。その誰かがこの世界にどれだけいるのかはわからないけれど、人数が多ければそれだけ嬉しい。もしもそれがみんなであるのなら、それは幸せな偶然なんだと思える。
 人それぞれの考え方やスタイルがあって、ある物事を見てどう思うかどう感じるかは違うはずである。
 極論ではあるけれど、「みんなのため」は存在しないのだ。存在しない事を判って「みんなのため」を言うのならそれはそれで良いと思うけれど、それが存在すると思っていると落とし穴がまっている。
 本当の意味で「みんなのため」なのは、利益を分かち合うのとではなく不利益を分かち合う事なんじゃないかと個人的に思う。
スポンサーサイト

| 製造業 | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/338-1e1f3912

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。