源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製造BSとしてではなく

 製造BSとしてではなく、一人の製造業者としての関わり方。
 これは私のポリシーのひとつである。
 製造業である以上、そこに利益の存在は必須とも言える。いかに価格を下げ、尚且つ利益を出すのかと言う事は、製造業としての使命であると感じる。価格もまた、消費者側に提供できる品質のひとつだから。

 私が原価割れの製品を露店に並べる場合、それによって利益を上げられると言う公算が必要となる。集客率を上げると言う意味において、他の製品の販売促進に繋がれば、この手法もありだと思えるが、価格競争であるとか、売れないからと言う理由では原価を割る事はしない。
 価格競争をする場合は、まず競争力をつけないと行き着く先は見えてしまう。仕入れ方法や価格の変更、ステータスやスキル上昇による生産効率の向上等により、価格競争を勝てるだけの体力を持たなければならない。
 売れない場合は作らない。基本的に製品在庫は持たない事にしている。一回に製造する製品は、それぞれワンセット。それ以上作ると、作った分だけ不良在庫となってしまう場合があり、不良在庫に材料を使用している分、売れ行きの良い製品の製造を圧迫してしまうからだ。これはトヨタ方式のJust In Timeのパクリである。
 実際には、この方式をこの世界に持ち込むには、かなりの問題も存在する。本来は、材料在庫も極力持たない方が良いのだが、そこまでやってしまうと「安定供給」に問題が出て来る。安定供給を目指すと、露店価格での仕入れとなってしまい、結果として販売価格が上昇する。以前にも買いた事だが、安定供給と言う品質を実現するには、私の今の体力では難しい。従って、現状では価格と言う品質を優先的に提供する形になっている。

 ランカーと言う物が実装されて以来、ランカーありきの製造にはなってないだろうか?
 ランカーになろうとするあまり、ランカーを維持しようとするあまり、不良在庫を抱え、売る為に価格を下げ、体力以上の事をしてはいないだろうか?
 無理してランカーになれば、無理して維持しなきゃならなくなる。ランカーを目指す事を否定してるわけではない。この世界のTop10に入るわけだから、それはそれで魅力的なのだと思う。
 ただ、私とはスタンスが違う。
 私は武器を愛用してくれる皆さんにランカーにしてもらいました。その皆さんには申し訳ないのですが、私自身はランカーに魅力を感じていません。無理してランカーを維持しなければならなくなった時、その時は恐らく、簡単にランク外に落ちていくと思います。無理しちゃいかんと、GMに言ってあるからです。それは私のスタンスでもあります。
 ランカーである事よりも、製品に対する愛情や、みなさんとの関わりあいを大事にしたい。
 ただ、やり続ける事だけは辞めません。武器が売れなくなる事があっても、きっと鋼鉄売ってます。エルやらオリやらを買取り転売してるかもしれません。消耗品売ってるかもしれません。そんな所を見かけたら、「あぁ、体力蓄えてるんやな」と思って下さい。一年で付けた筋力は、一年で衰えます。長い目で見てやってください。

 しんどい時、困難に直面した時、やはりあの言葉を思い出すのです
 長い道程も 歩いてさえいれば
スポンサーサイト

| 製造業 | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/36-2c225ff2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。