源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Action2008

 明けましておめでとうございます。
 昨年同様、本年も頑固さに磨きをかけてまいります。

 昨年度は、源次郎及びあいの転生、神崎の転生と、長きにわたり目標としてして来た場所に辿り着く事ができ、ひとつの節目の年となりました。個人目標としては、この3キャラの充実と、源次郎の製造再開になるわけですが、ここでは「商工会」としての目標を掲げてみようと思います。

 まず、昨年よりずっと頭の中にある「第三の品質」の実現方法。
 以前、第三の品質を「サービス」と定義付けてはみたものの、その実現方法に到達してはいない。造って売るだけではない何かを見出したい。サービス業と言う業種に縁の無い私にとって、この課題はかなりの難問である。
 「無料」と言う意味での「サービス」は、この世界においては品質とはなりえない。簡単な話だが、「製造手数料無料」などと言うのは、既に当たり前になってしまっている。Ro歴の長い方は判ると思うのですが、「代売り手数料無料」なども同じである。様々な手数料を無料にして行く手法は、あくまで一時的な手段であって、いずれはサービスではなくなってしまう。
 一時的ではあってもサービスとして成立するわけだが、これには魁となる事が条件となる。製造手数料が発生していた頃は製造BSの絶対数が足りなかった。需要側は手数料を払ってでも製造を依頼するしか無く、供給側はそれをfeeの発生するサービスとして提供した。時が流れ、供給側の製造BSの人口が増えるに従い、次第に製造手数料の無料化が進み、feeの発生しないサービスとなっていく。
 私が目指す「サービス」は、feeの発生するサービスである。無料サービスは「誰でもできる」または「当たり前である」から無料になる。無料にしなければ差がでるからだ。feeを発生させる以上、それを受取るだけの質の高いサービスを提供しなければならない。大きな事を言わせて貰えるなら、一流ホテルや一流レストランのような感じであろうか.

 次に、販売ルートの拡大。
 これまで相方の協力は得て来たが、WSになった事で、武器の種類に加え、「未精錬品」「精錬品」「過剰精錬品」と言うカテゴリーが発生する。これだけの量を最大でも4キャラでカバーするのは無理が生じる。そこで、商工会員で有志を募り、販売ルートを確保し、これにより、当初より課題であった「品揃え」を実現できる器を準備したい。
 販売ルートを確保する事で、安定供給の実現という新たな問題も発生するわけだが、これに関しては、安定した材料の供給と言う側面もあり、材料相場とコストのバランスを考慮しなければならない。
 また、変動する材料相場に対応した「価格変更」の際の取り決めや、商工会員へのマージン等に関する取り決めなど、様々な問題を含んではいるが、製造再開直後から、これらの事に着手していきたい。
スポンサーサイト

| 製造業 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/38-9bdd4f41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。