源次郎の刻印

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グダグダ言い過ぎ

 どうするのかを決めるのは自分である。
 ただ、自分で決めた事で自らが不利益な立場に立たされた時、それを愚痴るのはカッコ悪い。
 買取りしません。
 安い露店売りの材料しか買いません。
 露店巡りは一日一回限定。
 それらはあなたが自らに課した決め事である。誰かがあなたに強要したわけではない。それによって発生する問題は、自己責任でしかない。
 ステが中途半端な製造がいるからだとか、買取りしてる奴がいるからだとか、ジュピ臨妨害する奴がいるからだとか、それらはどれも自己責任の転嫁でしかない。
 余談だが、いくらで売るのかも自由だ。その値段は自分で決めたものである。当然、利益が出るような値段設定にするのか、赤字が出る値段設定にするのか、それを決めたのは自分である。赤字が出るような値段設定で売らなきゃいけないのは、自分より安く売ってる人がいるからだと言うのも、私的にはおかしな話しだと思っている。
 非ランカーの製造さんが。。。と言う話しも同じである。その人達の事も考えてそうしようと思ったのは、あなた自身である。あまり安く売ると非ランカーさんが困るし、買取りすると露店に並ばなくなるから他の製造さんが困ると言う想像をしたのは、誰でもなくあなたである。その想像は間違いではないだろう。そうではないと否定する材料もない。その思いに従って自分で決めたのだから、いちいち愚痴ってしまうのでは値打ちがない。
 「CS1番」は私の思いである。製造業としてこの世界に関わりながら、いかにOne to Oneマーケティングを実現していくのか、その為に何をしていくのか、それが私の生き方であり哲学である。その手法の中に「買取り」がある以上、あなたにどう思われようが、それを辞める気は全くない。私にとって「買取り」は、CRMの一環であるからである。
スポンサーサイト

| RO | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sskloki.blog74.fc2.com/tb.php/59-218b07eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。